宝物庫
復刻版 霞城の太刀風
ずっと探していた本がありました。
佐倉達山先生の「霞城の太刀風」という本です。
どうしても欲しくて古書店から目録を取り寄せたり、不定期にネットで検索かけてみたり、ネットオークションに張付いてみたり、探し物のサイトに登録したりしていました。
けれど全く手がかりも無く、ほとんど諦めていました。古い本だし、無理だろうなーと。

今から遡ること二月ほど前。
ブログでも書いたのですが、たまたま紀伊国屋書店の店頭で書籍検索をしていて、本当に出来心で彼の本を検索してみることにしました。
「霞城の太刀風」
そう入力し、検索を押したところ、意外にもヒットしました。
まぁ、なんとすごい。昭和初期の本なのにデータベースに載っているなんて!と感動しながら記載された内容を見てみました。
確か日東之華社という出版社だったはず、と出版社名を見ると、如何見ても個人名らしきものが・・・。出版日も1988年7月???
佐倉達山先生の本は昭和初期の出版のはずだし、なんだかオカシイ・・・。
再度良く見直してみると、本のタイトルに「復刻版」の文字がありました。
えぇっ!?復刻されてたのっ!?
・・・全く知りませんでした、無知で本当にすみません。
しかし、復刻されているなら購入できるかも!という光明は「取り寄せ不可」の一言であっという間に消えました。がっくし。

それから帰って探しもの登録をしているサイトへ行き、再度内容訂正。
復刻版でも構いません!情報をお待ちしています!
けれどそれからも何の情報も無く、二月が過ぎていきました。

その日私はいつものように夜パソコンを立ち上げ、メールチェックをしていました。
そこに、知らない方からのメールが届いていました。
タイトルは「情報提供」
シンプルすぎるタイトルに、毎日のように届くスパムや広告の類にある「会員情報」「ID登録完了」とかの一種かなぁと脳裏を掠め、一瞬削除しようかとしましたが、勘という奴でしょうか、何か引っかかるものがあって、ウィルスとか無いよねぇーと警戒しつつ開いてみました。
あの時本当に消さなくて良かった。
それは探し物登録をしていた私の記事を読んだ方からの、正真正銘の「情報提供」でした。
そのメールにはまだ復刻版が手に入るらしいこと、その入手先である二本松市内の「本田書店」様の連絡先などが簡単に書かれていました。
もう、本当に夢のような情報でした。

その翌々日、仕事の合間に「本田書店」様に電話をし、在庫があることを確認。送っていただくことになりました!
うきうきしながらご送付いただく先をファックスにてご連絡する準備をしているとき、ふと、私の脳裏をあることが掠めました。

私は福岡に住んでいます。正直な話、二本松に関する情報や資料はほとんど手に入りません。
ネットでもこの復刻版の情報を見た記憶は無く、たまたま紀伊国屋で検索をしなかったとしたら、今回のように手に入ることは一生無かったかもしれません。
そして、私と同じように探していても手に入れられない人もいるのかもしれない。

無知なのは自分だけかもしれないけれど、もしも同じような状況の人がいるのなら、その人の役に立てるかもしれない。
そこで失礼なのは十分承知の上だったのですが、「本田書店」様へお送りするファックスに、まだ在庫があるならば私のサイトへ「復刻版が手に入る」こと、「購入方法」などを掲載させていただけないかと記入し、お願いしてみました。
ファックスで突然お願いするというのは本当に失礼なことなのですが、一度思い立ってしまうと居ても立ってもいられずに行動を起こしてしまいます。悪い癖です。
ファックスを送った後、暫くして携帯に電話が入りました。見覚えの無い番号でした。
その電話は「本田書店」の方からでした。
しかも、件のサイトへの掲載の件で、出版されたご本人である相原様のご自宅へいらっしゃること、一存では決められないので・・・ということで、ご本人にお電話をかわられました。
もう、どうしていいやら、心の準備が何もできていなくて、何を話したのか覚えがなくいまだに良く思い出せません。(変なことを口走っていないといいけれど・・・不安)
相原様は、突然で礼を欠いたお願いにも関わらず、快くご了承くださいました。
夢のような本当の話。
その後舞い上がった私は始終ニヤニヤしつつ仕事をしました。多分不気味な人だったろうと思われます。

この場を借りて再度お礼を申し上げさせてください。
相原様、本田様、その節は不躾なお願いにもかかわらず、快くご了承いただきまして、本当にありがとうございました!


・・・はい、すみません。前置きが長いですね。
それでは、情報をお待ちの方のためにサクサク行きましょう!

タイトル 復刻版 霞城の太刀風
二本松老少年隊の勇戦
佐倉達山/著
発行者 相原 秀郎
定価 735円(消費税込み)
在庫数 58冊(2005年12月12日 現在)

←こちらがその「復刻版 霞城の太刀風」です。
発行者 相原 秀郎
住 所 福島県二本松市松岡41番地
電 話 0243-22-1769
FAX 0243-22-1769
発行所 有限会社 本田書店
住 所 福島県二本松市本町二丁目108番地 
(↑をクリックで地図が見れます)
電 話 0243-23-0158
FAX 0243-23-0150

購入方法について
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
本田書店様の店頭で購入することが出来ます。
お近くの方は是非来店されてご購入ください。
その際、一度在庫を確認の後に伺われたほうが、間違いが無いかと思います。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
遠方の場合、お取り寄せもお願いできます。
本田書店さまへお電話にて在庫をご確認ください。
遠方で来店出来ない旨をお伝えし、送り先をお知らせください。
送り先をお知らせする場合は、電話でよりもFaxなどを使ったほうが行き違いや間違いなどを防げるかと思います。
オーダー終了後、郵送にて本を発送いただけます。
郵便振替の用紙を本と一緒に同封していただけますので、本が届きましたらお早めに郵便局より本の代金+送料をお振込みください。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
「復刻版 霞城の太刀風」の情報は役に立ちましたか?
関心を持っていただき、ありがとうございます。
今回の「復刻版 霞城の太刀風」についての情報はお役に立ちましたでしょうか?
良かったらご意見をお聞かせください。

復刻版の事を知らなかったので、とても役に立った。
復刻版のことは知っていたが、詳細がわかって役に立った。
復刻版のことは知っていて、既に持ってます。
努力は認める。
・・・役に立ってないよ。
というか、あんまり広めないで欲しかった。
それより映画のスチル絵葉書が気になる。



結果だけをみる
このページは、「復刻版 霞城の太刀風」についてたくさんの方に知っていただきたくて作りました。
その趣旨に沿った事であれば、このページへ直接リンクしていただいて構いません。
つまり、このページはリンクフリーです。
以下のリンクをご利用ください。
http://snowmoon.org/ho_kasumi.htm
それ以外のリンクはトップページのみとしております。
このサイトへのリンクについてはこちらよりご確認ください。